最新号

2022年10月30日号

ヘッドライン


10月30日号(ダイカスト展・設備特集)

(1面)▽2022ダイカスト展は前回2018年比30%減の156社出展

    ▽市場原理変わり、世界が発展途上化

(2面)▽クルマ電動化で進展する軽量性と冷却性で、ダイカストニーズ拡がる

    ▽ダイカスト金型の不具合解決へ、アッサブが新粉末の造形サービス開始

    ▽日立金属が金属3Dプリンタ「試作支援WEBサイト」開設

    ▽古河キャステック清算で新会社移行

     ▽MORESCO,原材料高響き収益減

(3面)▽産廃コスト大幅減の廃水処理装置をAZTECHが開発

▽アルミダイカスト大型一体成形に対応、豊電子の給湯及びレーザ切断ロボットシステム

    ▽NTTデータが仕上げ工程のミガキ作業軽減へ次世代CAD╱CAM発売開始

    ▽アーレスティテクノが無災害事業所として表彰

(4面)▽ロボテックの後工程自動化ロボット

    ▽芝浦機械の高生産・低環境負荷のダイカストマシン

    ▽日本ルツボの酸化物抑制炉「ハイブリッド・フリーダム」

    ▽南武の電動油圧シリンダは消費電力95%減

(5面)▽UBEのカーボンニュートラル仕様ダイカストマシン

    ▽東洋機械が初披露する次期電動サーボダイカストマシン

    ▽テクノコートがコーティング・肉盛装置をフルモデルチェンジ

    ▽油圧機こうぎょうがアルミ合金専用の破砕機を開発

(6面)▽ヒシヌマの亜鉛ホットチャンバー機はサーボ制御の油圧ポンプ搭載

    ▽トウネツの無酸化液中溶解システムが溶湯品質向上に効果

    ▽日本ダイカスト協会がカーボンニュートラル実現へのシーズ示す

(7面)▽ダイレクト21の画期的な鋳巣不良改善法「ランナー加圧」

    ▽三建産業が開発したCO2排出ゼロのオール電気溶解保持炉

    ▽日本装置開発のX線CTスキャナは大型厚肉部品を9分でスキャン

(8面)▽9月の車輸出額が前年比122%増、乗用車55%増の40万2千台

(9面)▽8月のダイカスト公開特許一覧

(10面)▽8月のダイカスト関連品及び自動車部品、金型の生産実績

    ▽8月のアルミ2次出荷、ダイカスト向け前年比8%減

(11面)▽10月ダイカスト求人、2カ月連続増

    ▽8月のダイカスト生産量は12カ月ぶり増

    ▽ダイカストマシン生産推移

(12面)▽マルチマテリアル情報ファイル(自動化編)

    ▽10月の亜鉛地金価格が40万円台に下がる

(13面)▽マルチマテリアル情報ファイル(素材及び関連産業編)

(14面)▽書籍「ダイカストの設計を考える」一部訂正

(15面)▽西直美名誉教授(ものつくり大学)の連載「未来に伝えたいダイカストのレガシィ」№10、国産ダイカストマシン1922年誕生                

(16面)▽ダイカスト求人が2018年上回り過去最多、人材不足顕著

    ▽全国最低賃金が10月から順次引き上げ